効果・効能

竹炭の調湿効果|半永久的に使える除湿効果とは

竹炭の効果として有名なのが除湿(調湿)効果です。

除湿効果ばかりに目が活きがちですが、実は乾燥している空気に湿気を送るという効果も持っています。

そのため、竹炭は「除湿効果がある」というよりも湿度を調節する「調湿効果がある」と言われています。

竹炭の調湿効果とは

竹炭の持つ調湿効果は、竹炭の表面にある無数の孔(あな)が空気中の湿気を吸着してくれることにあります。

竹炭は多孔質といって、表面に目に見えないほど小さな孔が無数に空いている性質を持っています。

この孔はニオイ物質を吸着して消臭するという効果を担う孔なのですが、実は湿気を吸着するという働きも持っているのです。

湿気の多い時期に竹炭を置いておくだけでじめじめした空気をさわやかなちょうどよい湿度の空気にしてくれるでしょう。

乾燥時には湿度を上げる作用も

竹炭は除湿だけでなく、乾燥した部屋を潤す役割も担ってくれます。

これは、湿度の高いときに竹炭の孔の中に水分を閉じ込め、乾燥しているときに閉じ込めた水分を空気中に発散させるという作用を持っているから。

一般的に販売されている除湿剤は空気中の水分を吸い込んだら離すことをしませんが、竹炭は水分を離すことができるというわけです。

調湿にはどれくらいの竹炭が必要?

調湿の為に必要な竹炭の量は、

1畳あたり約3kg

ほど。

臭いけしの場合には1畳あたり約300gだったので、調湿の為には臭いけしの約10倍の量の竹炭が必要になってしまいます。

となると、部屋の調湿を行うにはかなりの量の竹炭が必要になってしまいますね。

そのため、通常おうちの調湿の為に竹炭を使う場合には床下に竹炭を敷く方法が取られます。

床下に竹炭を敷き詰めることで湿度の調節ができ、夏場も冬場も快適に過ごすことができます。

竹炭を使えばカビや結露予防も!

竹炭の調湿作用は、おうちのメンテナンスにとても役立ちます。

まず何よりカビの予防ができる事。

湿気を吸い込んでくれるので、床下など、家に発生するカビの予防ができます。

また、冬場の結露予防にもなるので、窓枠やカーテンのカビ対策もできてしまうのです。

さらには床下の湿気をとることでカビの発生だけでなくシロアリの発生まで防げてしまうという活躍ぶり。

竹炭の調湿効果は、住まいの環境を整えるのに欠かせないといっても過言ではないかもしれませんね。

竹炭は半永久的に使える除湿剤

竹炭は湿度が高い時には湿気を吸い取り、湿度が低い時には湿気を吐き出すという性質を持っています。

そのため、市販の除湿剤のように容器が満帆になったら交感。

という手間がいらないのが大きなメリットとなっているのです。

ほとんどメンテナンスもいらないのに半永久的に使える除湿剤として使用できるのが竹炭の魅力の一つです。

Copyright© 竹炭ちゃんねる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.